カテゴリー: アルテュール・グリュミオー

【新しいヴァイオリン教本】第3巻 ~フィオッコ アレグロ~

『クラヴサンのための舞曲集 作品1よりアレグロ』ジョゼフ=エクトル・フィオッコ 「Pièces de Clav […]

もっと読む

【新しいヴァイオリン教本】第3巻 ~ヘンデル ヴァイオリンソナタ第3番 ヘ長調 第2楽章~

『ヴァイオリンソナタ 第3番 ヘ長調 HWV.370』by Georg Friedrich Händel この […]

もっと読む

【新しいヴァイオリン教本】第5巻 ~ ラ・フォリア(La Folia)~

Violin Sonata in D minor, Variationen über ein Thema von Farinelli “La Folia” Op.5-12
(ヴァイオリン・ソナタニ短調 ファリネルリの主題による変奏曲『ラ・フォリア』作品5-12)
アルカンジェロ・コレッリ(Arcangelo Corelli, 1653年‐1713年)

もっと読む

【新しいヴァイオリン教本】第5巻 ~ ベリオ コンチェルト第7番 第2楽章~

ベリオ コンチェルト第7番 第2楽章

Violin Concerto in G major, Op.76
(シャルル=オーギュスト・ド・ベリオ(Charles-Auguste de Bériot)

 

『フランコ・ベルギー楽派』

シャルル=オーギュスト・ド・ベリオ(Charles-Auguste de Bériot, 1802年‐1870年)は、ベルギーのヴァイオリニストであり作曲家。
パリでジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィオッティ、ピエール・バイヨに学んで、各地を演奏旅行した他、1843年よりブリュッセル音楽院のヴァイオリン教授を務めた。優雅かつ流麗な奏法で知られる19世紀のフランコ・ベルギー楽派(the Franco-Belgian violin school)の創始者として有名であり、アンリ・ヴュータンを育てています。

(育てたって言っても、数年のうちに女と駆け落ちして放置プレイの刑に処しているのでどこまで育てたんかという思いはありますがw)

このフランコ・ベルギー楽派(the Franco-Belgian violin school)って何よ?についてはオーギュスタン・デュメイ(DUMAY, Augustin)のところでも書いたけれど、も少し詳し比べてみると、わんさか出てくる出てくるw。

もっと読む

【新しいバイオリン教本】 第4巻 ~ ヘンデル ヴァイオリンソナタ ト短調 No.2 ~

『ヴァイオリンソナタ 第2番ト短調 HWV.368』by Georg Friedrich Händel

ヘンデルの名を聞くたびに自分は音楽史をよく分かってないなぁ、と思う。
あのJ.S. Bach(大バッハ)と同じ年に生まれた作曲家と言うことも知らなかったし、「水上の音楽」でヘンデルの名前を知っているくらいなのでイギリスの作曲家と思っていたら、確かにイギリスには帰化しているけれどドイツ生まれだったことも知らなかった。

もっと読む

GRUMIAUX, Arthur / アルテュール・グリュミオー ~ 極上の美しさを誇るすべてのお手本

アルテュール・グリュミオー(Arthur Grumiaux, 1921年3月21日 – 1986年 […]

もっと読む